NPOスポーツ健康援護協会とは…

NPOスポーツ健康援護協会は、設立以前は、任意の学術団体(キネティックフォーラム)として、人間の身体の本質、動作や力学的作用について勉強する団体でした。そこへ、競技団体からのサポート依頼や、行政からの事業委託、民間からのプロジェクト等の依頼があり、単なる任意団体としてではなく、人格を持った法人としての活動の必要性、重要性を感じ、平成12年10月、大阪府知事に設立の申請を行い、翌年2月2日認可を頂き、設立に至りました。

NPOスポーツ健康援護協会は、大阪府に事務局をおき、全国各地でサポート活動、講演活動等を展開していますが、平成13年11月28日兵庫県、奈良県、岡山県事務局を設置するべく、内閣府へ申請を行いました。

NPOスポーツ健康援護協会は、以下の事業を行い、健康の保持増進、障害の防止を図り、もってすべての人々が健康で快適な生活が送れることを目的とする団体です。

(1)高齢者に対する寝たきり防止のための知識と
  技術の普及および教育
(2)中高年や子どもの健康に関する各種相談事業
  および予防知識の普及
(3)スポーツ実践者のための障害防止に関する知識と
  技術の普及および教育
(4)総合型地域スポーツクラブの育成


NPOスポーツ健康援護協会は、すべての人の健康増進と、障害防止をサポートするスペシャリストの集まりです。

NPOスポーツ健康援護協会は、すべての人の健康と障害防止支援をするサポーターの集まりです。

NPOスポーツ健康援護協会は、高齢者の寝たきり問題について、「寝たきりになってから」の対策ではなく「寝たきりにならないため」の技術と情報を提供します。

NPOスポーツ健康援護協会は、アスリートの障害防止と競技力向上について、技術と情報を提供します。

NPOスポーツ健康援護協会のサポートを希望される方、団体、また、お問い合わせについては事務局までご連絡ください。




スポーツ健康援護協会