役 員 名 簿

特定非営利活動法人スポーツ健康援護協会

役 職 名 氏 名 所 属
理事長
瀧 尻  勝 也  たきじり かつや
矢田接骨院
副理事長
矢 田   修  やだ  おさむ
矢田接骨院院長
副理事長
宇 都  一 美  うと  かずみ
矢田接骨院
理事
上 田  誠 仁  うえだ まさひと
山梨学院大学
理事
八 尋  賢 一  やひろ けんいち
出光興産
理事
西 野   努  にしの つとむ
株式会社Opt Sports International
元浦和レッドダイヤモンズ
理事
小 林   隆  こばやし たかし
(財)奈良県体育協会
監事
矢 田  充 代  やだ  あつよ
バンブーカンパニー

 

  設 立 趣 旨 書
特定非営利活動法人スポーツ健康援護協会
設立代表者  瀧 尻 勝 也 
少子・高齢化が進むわが国において、生活環境の急激な変化、特に急速に発達したモータリゼーション化による運動不足、加えて職場や地域社会における複雑な人間関係、OA化による様々なストレス等による心身の不調を訴える人が急速に増加している。
現在、寝たきりや痴ほう、虚弱など介護や支援を必要とする高齢者は280万人にのぼっており、これらの高齢者は厚生省「厚生白書」の推計調査によると2025年には520万人に増加すると予想されている。それに伴って「動けなくなった」方々に対する介護や支援については様々な研究が進められ、介護ビジネスは急速に拡大してきた。しかし、QOLという面から「動けなくなる前に何をすべきか」ということが重要であるにもかかわらず、行政・民間による対策が講じられていないのが現状であると思われる。

一方、働き盛りの中高年においては、様々なストレス、運動不足、不規則な生活等が原因で心身の不調を訴える人が急増している。また、高齢者や中高年だけでなく、様々な年代において生涯スポーツ・競技スポーツを実践している人々にも、健康問題は大きくかかわっている。特に、スポーツを実践する人にとって、スポーツ障害や外傷は切実な問題で、些細なケガが選手生命やその後の人生に大きく影響することも多々ある。
このような背景に鑑みて、心身の健康問題に関して、各専門分野でこれまで培われてきた高度な技術や経験を、社会の要請に応えて生かして行く機会を創出することは、今後の重要な課題であると思われる。その視点から、高い倫理性と高度な技術と知識を有する者が、互いに協力して、人間の健康に関する分野、特に医療や福祉、スポーツ振興で各種の支援活動を行うことは、極めて意義深いことであると考える。
よってわれわれ有志は、「スポーツ健康援護協会」を設立し、意欲ある専門技術者を募り、非営利団体として、医療・福祉、スポーツ振興の支援活動を通じて、社会に貢献しようとするものである。
主な事業の内容としては、以下の項目がある。

@高齢者の寝たきり防止と、QOLの向上
A中高年の心身のストレス軽減、身体バランスの改善
Bスポーツ実践者の障害防止とパフォーマンスの向上
Cすべての人に対して、健康体力つくりに関する情報の発信
Dリーダー、指導者の育成
Eバリアフリーコミュニティーの実現
F将来的な地域スポーツクラブの拠点を目指す

以上のような事業について、現在、行政からの委託や民間とのプロジェクトが進んでおり、契約等の法律行為の際、法人の必要性、また、単なる任意団体としてだけでなく、法人としての社会的責任を果たしていく重要性を感じ設立するに至りました。


スポーツ健康援護協会